重曹で足のにおいを大義しましょう

1足のにおいは夏の暑いときとは限らずパンプスをはく時はいつでも感じます。ブーツなんて最悪です。匂いがこもって大変です。

私が試して良かったのは主婦なら誰でも知っている重曹です。重曹ってお風呂の入浴剤にも使われてます。洗濯にも使われるし、ふかし饅頭にも使われています。

これを足のにおい取りに使うのですが、私のやり方を説明いたします。

まず洗面器にお湯をはり小さじ1の重曹を入れて混ぜるだけなんです。お湯の温度は45度です。お風呂に入った時なら風呂のふちに座り足をくるぶしまで入れて10分から15分。部屋ならシートを敷いて椅子に座ってやります。

ただ、一度でとれるものではないので私はお風呂をお勧めします。

お風呂だと洗面器のお湯も冷めにくいのですが、暖房がきかないお風呂だったりお部屋でする場合、熱湯を冷めないようにたす必要があります。

それから私の心がけているのは、爪のケアです。せっかく足浴しても爪の中が黒く汚れていては意味がありません。その汚れは細菌がいっぱいなので、とにかくよく爪をそして爪の中をきれいにしましょう。

これを続けると早ければ三日から1週間で効果があらわれます。

しかも、足が柔らかくなるのを感じると思います。ちょっと、つるつる感もあるかもしれません。

してはいけないのは保湿クリームを塗るときです。もったいないからと古い酸化したのはやめたほうがいいです。

冬出ないならそのままがいいですが、寒いときはカサカサが気になりますから、オリーブオイルをつけてみたらいいと思います。オリーブオイルには皮膚を再生させる働きがあります。バージンオイルなら食用で大丈夫です。重曹で、足の匂いを退治しましょう。

どうしても足の臭いが取れない。そんなときのケア2つ

どうしても足が蒸れて、臭いが出てしまう。
そんな、強烈な足の臭いに悩まれている方も多いのではないでしょうか。
足は形状が複雑であったり、長時間蒸れやすい環境にある場所。
しっかりケアしたつもりでも、臭いがなかなか取れないこともあります。
本日は、そんな足の臭いに対するケアを二つ、ご紹介いたします。

1.靴に十円玉を入れる

これは都市伝説的に有名な話ではありますが、靴に十円玉を入れるというケアがあります。
「これで、本当に臭いが取れるのかな。」と気になる方もいるかと思います。
しかし、その効果は絶大。
十円玉は銅でできているため、殺菌効果が期待されます。
靴の中に十円玉を入れておくことで、自然と靴の中の臭い菌が殺菌されるため、消臭できるという仕組みなのです。

2.サンダルで過ごす

もう一つのケアとしては、オフィスにいる時間など、サンダルで過ごすというものがあります。
臭い菌は、靴の中で足が蒸れることによって大量繁殖します。
つまり、蒸れなければ、臭い菌の繁殖が防げるのです。
仕事中、外回りをする際やお客様と接する際にはサンダルという訳にはいきません。
しかし、その他の自分の仕事の時間などをサンダルで過ごすことで、臭い菌の繁殖を上手く防ぐことができます。

いかがでしたでしょうか。
現在では様々なケア商品が発売されている足の臭い。
清潔な状態をキープし続け、いつ靴を脱いでも大丈夫、と胸を張って生活したいですよね。

このサイトも足の臭いを消す方法がのっています。

冬の足は意外と臭っています、でも簡単な対策で効果絶

Stinking shoes体臭のにおいというとなんとなく夏に増える印象ですが、冬は女性も男性も意外に足のにおいが気になるようです。

私もブーツをはくことが多いので以前は足の臭いに悩んでいました。
特に何も対策をとっていなかったので、当然といえば当然なのですが、この方法をとるようになってだいぶ改善されたように感じます。

その対策というのはまず、当然のことです、足を清潔に保つことです。
足の臭いには酢が効果的ということですので、お風呂に入った後は洗面器に酢を適当に入れて洗いました。

具体的にどれくらいの量というのが、最初はわからなかったのですが、だんだんとこのくらいの量でいいというのがわかるようになってきます。

最初は少なめの量で酢のにおいを感じる程度の量から入れてみて効果が実感できるくらいのところで増量するのをやめてみたらいいです。

次は靴下の質にこだわることです。
女性がブーツを履くときには薄い靴下を選ぶ人が多いですが、これだと足の汗をしっかり吸い取ってくれないのでブーツに汗のにおいがついてしまいます。
なのでしっかりと汗を吸い取るタイプの靴下を選ぶことが重要になってきます。
これは実際に履いてみないと分からない部分もあります。
一見厚手の靴下でしっかり汗を吸ってくれそうな靴下でも意外と蒸れやすい場合があります。
お気に入りを見つけると歩くのも楽になりますしにおいも軽減されるのでしっかりと選びたいところです。

私の足の臭い対策法について

5私は30代の会社員ですが、長年足の臭いに悩まされています。元々足に汗をかきやすい体質なので仕方のない問題なのですが、靴を長時間履いて帰宅し自分の足の臭いがきついと自分自身も嫌ですし、お付き合いなどでお座敷で食事などをする機会がある時などは臭いがばれないかハラハラしてしまいます。そんな私ですが日頃からこの臭い防止のために気を付けていることが3点あります。

一つ目は靴の選び方です。先の尖ったきついハイヒールを履き続けると足に汗をかきやすくなりそれが臭いにもつながるので、私は防臭効果付きのつま先のゆったりとしたローヒールを普段から履くようにしています。一足だけ履き続けるとそれも臭いの原因になるので、3足を履き回して一日履き続けたものはその翌日日干しするようにも心掛けています。

二つ目は予備のストッキングを常にバッグに入れて持ち歩く習慣です。ストッキングを履き続けているとどうしても足が蒸れやすくなるので、蒸れてると感じた時にはすぐに交換できるようにバッグに忍ばせておきます。これによってお座敷での食事もそれほど恐怖でなくなりました。

三つ目は入浴の際に足を丁寧に洗うことです。私の場合デリケートゾーンの臭いも気になるほうなので、デリケートゾーン専用の”ジャムウソープ”を使用しているのですが、これを足にも使っているというわけです。この石鹸は特に防臭効果が高いので、一般的なボディーソープで洗うよりも格段に足の臭いが取り除けるんです。

これら三つの対策によって足の臭いにナーバスになることのない快適な生活を送っています。