現在進行形で悩まされている顎ニキビとニキビ痕

顎にニキビができる時、数日前にそろそろニキビができるのがわかります。
なぜかというと、ニキビができる前にその箇所に熱が生じるためです。
なんとなく顎の一部が熱っぽくなって、徐々に痛みを感じるようになります。
そしてその痛みが翌日には赤い腫れに変わり、さらに数日経過すると赤い腫れたニキビから、黄色い膿んだニキビへと変わってしまうのです。
現在進行形で悩まされている顎ニキビとニキビ痕
顎ニキビの非常に厄介なところは、キレイに治すことが難しいということ。
白ニキビは一つが小さいので、自然に消えて跡には残らないことが多いです。
たとしても、赤くなるだけでしばらくすれば元に戻ります。
しかし顎ニキビは徐々に大きくなり最終的に化膿してしまうので、キレイに戻ることがほとんどありません。
そのため私の顎は赤いニキビ跡や、クレーター状の痕が残ってしまっています。
5年前の写真を見るとアゴには何もなかったのに、いつの間にかニキビが増えて、唇に力を入れるとアゴの皮膚がボコっとするようになってしまいました。
そして今でも顎ニキビは治りません。
だいたい月に数個は化膿するくらいの目立つニキビができてしまいます。
今まで10軒以上の皮膚科に通いましたが、ニキビを完全に無くすことはできませんでした。
しかもクリニックで処方される強力な薬を使っても、治すことができないほど頑固なニキビなのです。
最近は心が折れて、もう一生ニキビと付き合って生きていくしかないのでは、と思うようになってしまいました。
もちろん今でも顎ニキビ解消を強く願っていますが、、、。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *