どうしても足の臭いが取れない。そんなときのケア2つ

どうしても足が蒸れて、臭いが出てしまう。
そんな、強烈な足の臭いに悩まれている方も多いのではないでしょうか。
足は形状が複雑であったり、長時間蒸れやすい環境にある場所。
しっかりケアしたつもりでも、臭いがなかなか取れないこともあります。
本日は、そんな足の臭いに対するケアを二つ、ご紹介いたします。

1.靴に十円玉を入れる

これは都市伝説的に有名な話ではありますが、靴に十円玉を入れるというケアがあります。
「これで、本当に臭いが取れるのかな。」と気になる方もいるかと思います。
しかし、その効果は絶大。
十円玉は銅でできているため、殺菌効果が期待されます。
靴の中に十円玉を入れておくことで、自然と靴の中の臭い菌が殺菌されるため、消臭できるという仕組みなのです。

2.サンダルで過ごす

もう一つのケアとしては、オフィスにいる時間など、サンダルで過ごすというものがあります。
臭い菌は、靴の中で足が蒸れることによって大量繁殖します。
つまり、蒸れなければ、臭い菌の繁殖が防げるのです。
仕事中、外回りをする際やお客様と接する際にはサンダルという訳にはいきません。
しかし、その他の自分の仕事の時間などをサンダルで過ごすことで、臭い菌の繁殖を上手く防ぐことができます。

いかがでしたでしょうか。
現在では様々なケア商品が発売されている足の臭い。
清潔な状態をキープし続け、いつ靴を脱いでも大丈夫、と胸を張って生活したいですよね。

このサイトも足の臭いを消す方法がのっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *